​ ■「Q-ANPI」と連携した通信途絶地域からの安否情報登録システムの構築(内閣府)

内閣府宇宙開発戦略推進事務局が展開している人工衛星「みちびき」を経由した安否登録サービスQ-ANPI(https://www.q-anpi.qzss.go.jp/qzss/)とスマホdeリレーを連携し、携帯電話網やインターネットなどの通信が途絶した地域からでもスマホで入力した安否情報をみちびき経由で登録できるシステムを構築し社会実証を進めています。登録された安否情報はインターネット越しに確認することができます。
 

この取り組みは、内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期「国家レジリエンス(防災・減災)の強化」の研究開発の一部としてスタートし、現在は、内閣府「衛星安否確認サービス(Q-ANPI)の防災機能拡張に伴う実証・調査事業」
の一環として全国の希望する自治体への配備が進められています。

Q-ANPI_1.PNG

みちびき安否登録アプリ 

 android版 iPhone版

SIP第2期 国家レジリエンス(防災・減災)の強化
https://www.nied-sip2.bosai.go.jp/

内閣府 衛星安否確認サービス(Q-ANPI)の防災機能拡張に伴う実証・調査事業
https://qzss.go.jp/overview/information/qanpi_201125.html
https://qzss.go.jp/overview/information/qanpi_210217.html

2019年台風19号被災地でのQ-ANPIを用いた活動
https://twitter.com/YZWtWVI8klqfQvv/status/1183658991219404801