圏外でもみんなでスマホを繋げて助け合う共助型情報通信

圏外でも使える スマホdeリレー® 

スマートフォン同士の直接通信を使い、基地局のような通信インフラがない場所でもスマートフォン同士でリレーしてローカルなネットワークを構築できるスマホdeリレー® 。3.11の経験を教訓に、東北大学加藤・西山研究室で開発された技術を、構造計画研究所が実用化したものです。

*1 GW:GateWay

*2 DTN:Delay Tolerant Network

​*3 Bluetooth Low Enegy

スマホdeリレー® 活用例

​通信網 断 絶 時の情報収集・発信ソリューション 

スマホdeリレー利用例「情報収集システム」
スマホdeリレー利用例「情報配信システム」
スマホdeリレー利用例「ローカルメッセージング」

構造計画研究所では、スマホdeリレー® テクノロジーを核とした通信網断絶環境/通信網不在環境に対する各種ソリューションをご提案させて頂いております。お客様が既に展開されているシステムソリューションへの組み込みのご相談も受け付けております。ご興味をお持ちの方は、以下のフォームよりお問い合わせください。

 

​お問い合わせ

スマホdeリレーについて、機能面でのご質問や「こんな用途に使いたい」といったご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。取材のお申込なども受け付けております。

ウェブサイト上の個人情報の取扱いについて

ご入力いただいた個人情報は、お問い合わせ・資料請求への対応のみに使用します。
新規事例紹介、無料セミナーなどのご案内をお送りさせていただく場合がございます。

上記及びプライバシーポリシーに同意の上、送信してください

KKE_corporate_logo_white.png

スマホdeリレー® は、東北大学 ならびに 構造計画研究所 の登録商標です。

(株)NTTドコモが提供する AdhocCommunicationSDK が使われています。

© 2017 KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.